WORKS/
INTERVIEW

職種・インタビュー

ヘルプデスク
(スーパーバイザー)
HELP DESK

お客様のトラブルの解決や操作のお手伝いをする業務は、オウムのように知識豊富で賢く、コミュニケーションが得意な人が適しているようにも思えるが、助けたい!支えたい!という思いが一番大切です!

お電話対応やトラブル機器の
遠隔操作にてお客様の
「ヘルプ!」に即座に対応します。

お客様のトラブルにはパソコン・スマホ・デジタル機器などの設定や操作方法が分からないなどのお困りごとや、ソフトが正常に動作しないなどがあります。そのトラブルに対し、お電話でアドバイスを行ったり、インターネットを介してお客様のパソコン画面を遠隔操作したりして、お客様のトラブルの解決や操作のお手伝いを行います。「サポートデスク」と呼ばずに「ヘルプデスク」と呼んでいるのは、お客様からのお困り事やお悩みそのものに対してサービスを提供し、お客様の様々な「ヘルプ!!」に対応出来る環境を用意することに重点を置いているからです。サポート対応後にお客様から「ありがとう、もう一度あなたの名前を教えて欲しい」と言っていただけるような、最高のお客様対応を心掛けています。

INTERVIEWインタビュー

TOYOSIMA KOTA豊嶋 孝太ヘルプデスク事業部 スーパーバイザー
2015年入社/新卒採用
情報系学部卒業

プロフェッショナルな受容力

社内でも、プライベートでも関係性を築くことが大事だと考えています。「人と関わる」ことが好きなので、個性いっぱいのこの部署で信頼関係を作るには、その人の本質を知り、対等に接することを意識しています。スタッフの意外な一面を見つけたときは嬉しく思います。お客様に満足してもらうためにも風通しのいい環境にすることが私の役目だと思います!

【入社後の経歴】
2015年4月 ヘルプデスク事業部に配属

Q.どんな思いで入社しましたか?

就職活動を始めたばかりの頃はゲームのプログラマーを目指していました。しかし、自身のアルバイト経験で培った接客スキルも活かしたい。と考えた時に、好きなことと出来ることを自己分析し、軌道修正をした結果、日本PCサービスという、まさに自分が思っていた会社に出会うことができました。いくつかの会社の面接を受けましたが、他の会社ですとガチガチに緊張してしまい、仮に入社できたとしても、緊張し続けながら仕事をするのか・・・、と想像すると、就職活動に疲れてしまったこともありました。ですが、日本PCサービスで受けた面接はとても雰囲気が良く、リラックスして挑むことができました。今も自分らしく、楽しく働けています!

Q.現在のお仕事は?

主に行うのはお客様とのお電話サポートです。お客様のお困り事を把握し、スマートに改善に向かって案内をします。対応以外にもアルバイトスタッフさんへの指示、管理も行っています。対応の際に解決策が分からない事も多々あり、そんな時には私がアドバイスをしたり、一緒に状況の確認を行ったりしています。ヘルプデスク事業部には技術スタッフがたくさんいるので、そのうちの誰かが解決策を知っている場合があります。そんな情報を集約して各スタッフに伝えるのも主な業務です。
お客様からの連絡だけではなく、提携先の企業様からも連絡が来ますがその対応をさせて頂くのも私の仕事です。特に緊急度が高い依頼が多く、連絡を受けてから即座に対応を行える環境を整えなければいけません。その為にもきちんと状況を把握できる判断力と知識が必要になります。私どもは現地に居るわけではないので、パソコンに慣れていないお客様の説明を聞き、頭の中で状況をまとめて解決策を言葉だけで相手に伝えなければいけません。大変ではありますが、重要な依頼程解決した際の達成感は格別です。

Q.この会社で挑戦したい事は何ですか?

一番に挑戦したい事としてはヘルプデスク事業部を社内で一番大きな部署にしたいです。 弊社のサービスは訪問サポートがメインなため、今はフィールドサポートよりも規模が小さいですが、今後対応範囲の拡大やお客様満足度を向上させ、訪問とは違った電話サポートの長所を活かしてフィールドサポートに負けない部署にしていきたいと思います。その長所を活かすためにも、電話対応しているスタッフに対して助言をして、サービスの品質、技術力を一定水準保つ様にしています。またセキュリティソフトの販売等にも力を入れてフィールドサポートのスタッフ以上の売上を出す為に尽力しています。

Q.あなたの強さの源は?

お客様と直接関わる部署ですので、お客様が喜んだりする反応が直に分かり励みになります。また、お恥ずかしい話ですが、私は自分の声が好きで、電話サポートの場で活かせるのは非常に嬉しいです。

職種・インタビュー一覧へ戻る